育毛剤ランキング

育毛剤や育毛薬を徹底比較!

育毛剤には、塗るタイプ・飲むタイプなどがあり、効果や副作用、用途、価格もさまざま。

 

そこで育毛剤や育毛薬をはじめ、いろいろな育毛アイテムを効果・価格・口コミなどを元にランキング!
あなたの頭皮にピッタリの育毛剤を見つけましょう!

 

また、様々な育毛剤・育毛薬・サプリメントの効果・副作用、体験談・口コミ・評価やオススメ育毛方法などを紹介しています。
あなたの育毛の参考にしてみてください!

 

育毛剤総合ランキング

ミノキシジルタブレット

最強の育毛剤と言われるミノキシジルタブレット。

内服薬だから頭皮に塗布するタイプよりも有効成分が直接作用するため、驚くほどの効果が期待できることも多々!

薬なので副作用に注意して最初は少量から。
1ヶ月当たり800円台とコスパも高い。
フィンペシアとのセットもおススメ!

 

>ミノキシジルタブレット<

参考価格 容量 特典
2,565円 1箱10mg100錠 ポイント、送料無料、複数購入割引

 

フィンペシア

AGA治療で有名なプロペシアのジェネリック。

病院でプロペシアを処方してもらうと1ヶ月当たり10,000円ほど。

フィンペシアなら1ヶ月当たり700円台と超割安!
男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンの生成を抑制し、

脱毛や薄毛を防ぐ効果が期待できます。
ミノキシジルタブレットとの併用で相乗効果期待大!


フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg

参考価格 容量 特典
2,277円 1箱100錠 ポイント、送料無料、複数購入割引

 

ポラリスNR-11 ミノキシジル12%+フィナステリド0.1%+αローション

国内初の厚生労働省によって認定された発毛剤「リアップ」のいわゆる高機能版。ミノキシジル12%は、NR-08とNR-09の中間。

フィナステリド&アルフォトラジオール配合で抜け毛を減らす効果を高めています。

さらに最新技術であるLiposphere(リポスフィア)eカプセル化システムによって塗布タイプにありがちな痒みや炎症の発症のリスクを減らしています。スプレータイプ。
リアップやロゲインでかゆみが発症した人は試してみたい!しかもリアップX5より安いのはいい!


ポラリスNR-11[ミノキシジル12%]

参考価格 容量 特典
4,930円 1本当たり60ml ポイント、送料無料、複数購入割引

ポラリスNR-09 ミノキシジル15%
ミノキシジルはなんと15%と高い発毛効果が期待できる!

リポソーム・カプセル、銅ペプチド、アデノシン、りんごポリフェノールなども配合。頭頂部から生え際まで強力な作用が見込める。
発毛を実感する人は多数います。
ただ痒みなどの副作用のリスクもあるので
最初はNR-07やNR-08から始めるのがよいでしょう。


ポラリスNR-09[ミノキシジル15%]

参考価格 容量 特典
3,980円 1本当たり60ml ポイント、送料無料、複数購入割引

 

 

 

 

最強の育毛剤セット

発毛のためには、睡眠・食生活・ストレス・運動・喫煙・飲酒など正しい生活習慣が大切です。

 

その上で育毛剤を使用する際には、1つだけでなく、体の内外から複合的に攻める必要があります。
ミノタブ・フィンペなどの育毛薬の他に育毛剤、シャンプー、サプリメントなど最強の育毛セットを提案しています。

 

詳細は
⇒どうしても発毛させたい最強の育毛剤セットをチェック!

 

発毛のための生活習慣

育毛剤を使っても生活習慣が乱れていると効果は半減してしまいます。
そこで生活習慣を見直しましょう。
特に食生活・睡眠・ストレス・運動・喫煙・飲酒などの改善は、発毛に大切な要素。

 

睡眠

睡眠不足が続くと確実に抜け毛が増える
毛髪は昼間はあまり成長せず、夜間の睡眠中に成長します。

 

睡眠中は、皮膚細胞を構成するタンパク質の合成が盛んになり、
また成長ホルモンなどが起きているときよりも盛んに分泌されます。
「成長ホルモン」は、細胞に栄養をあたえ肌や髪の毛のダメージを修復する働きがあるのです。

 

もし睡眠不足や不規則な睡眠が続くとこれらのホルモンが不足し、皮膚や髪の毛にはマイナスです。
また睡眠不足になるとストレスも溜まり、確実に抜け毛を増やします。

 

毎日の十分な睡眠時間を確保するようにしましょう!

 

 

食生活

偏った食事は抜け毛の原因
食事は、髪に栄養を与え、髪の健康を取り戻すために重要です。
髪に十分に栄養が行き渡らないと当然、抜け毛の原因となってしまいます。

 

大切なことは、健康に必要な栄養素を毎日バランスよく摂取すること。
髪に良い栄養素だけをを大量に摂取するのも良くありません。

 

ではどんな食生活が良いのでしょう?
髪を作るのに必要な栄養素は、髪の毛の成分となる良質のたんぱく質や鉄分・亜鉛などのミネラル、
卵、米、玉葱などの含硫アミノ酸、鯖、アジなど背の青い魚に含まれるエイコサペンタエン酸、
貝類・乳製品に含まれるセレニウム、海草類のヨード、果物の皮脂のビタミンPなどさまざまあります。

 

例えば、菜食をメインに果物、穀物、木の実、乳製品などを摂ると良いでしょう。
私の場合、青汁とヨーグルトは毎日積極的に摂取しています。

 

逆に糖分やアルコールは、体内で中性脂肪に替わり頭皮の皮脂の分泌量を増やす要因になりますので、
過剰な摂取は控えましょう。
また脂質の過剰摂取も皮脂の分泌量に影響を及ぼします。

 

 

ストレス

過度のストレスは抜け毛を加速
髪の毛は、精神的な面からも大きな影響を受けます。
もし強烈なストレスが続けば、脱毛が起こるリスクが高くなります。

 

人間は強いストレスを受けると自律神経のバランスが崩れ、毛細血管を収縮させます。
すると血流量が減少、毛根に栄養が届かず、脱毛を起こしやすくなるのです。
またストレスは、免疫力を低下させ健康にも影響を及ぼします。

 

大切なことはストレスをためないこと。
趣味、運動、お風呂でリラックスするなど
自分に合ったストレス解消法を見つけることがひとつの方法。

 

また、ストレスに対する抵抗力をつけること。
ストレスをストレスと感じないような考え方を柔軟にするための方法を学ぶこともよいでしょう。

 

ストレスがある環境にいてストレスを解消できない場合は、その環境から離れることも検討に入れましょう。
例えば、仕事を辞めるなど。

 

運動

適度な運動は育毛によい
運動をすることは、新陳代謝をよくし、血行もよくするので育毛にプラスに働きます。
また、頭髪の毛母細胞の活性化につながると言われています。
さらに運動は、ストレスの解消にもなり、良質の睡眠にもつながります。
運動は健康・育毛において一石二鳥、三鳥にもなるのです。

 

 

運動の内容は軽く汗をかく程度の有酸素運動がおすすめ。
例えばウォーキング、ジョギング、水泳、自転車、エアロビクスなど。
もちろん自分の好きなスポーツでもOK。

 

逆に運動をしていないと頭髪・頭皮を含めた体の機能は低下するとの報告もあります。