男性ホルモンと抜け毛・薄毛

男性ホルモンと抜け毛の関係

男性型脱毛症は、男性ホルモンが主原因となって起こるもの。

 

男性ホルモンが引き起こすハゲ

理屈としては、『男性ホルモンの一種である「テストステロン」が「5-αリダクターゼ」と呼ばれる酵素により、
「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されると、このDHTが抜け毛や薄毛の原因物質になってしまう。』ということ。

 

よく理解できないけど、結局は男性ホルモンバランスが崩れるとハゲるということ。
つまり男性ホルモン・女性ホルモンの分泌バランスが良好な人は、ハゲないと言えます。

 

男性型脱毛症の特徴は、生え際の後退や頭頂部の薄毛。
これは、前頭部や頭頂部が男性ホルモンの影響を受けやすい部分であることが分かります。

 

 

遺伝的な要素

男性型脱毛症は遺伝します。

 

遺伝する要素は2つ。
ひとつは、男性ホルモンをより強力な男性ホルモンに変換する「5α-リダクターゼ」という還元酵素。
もうひとつは、この強力な男性ホルモンに敏感かどうかという「感受性」の性質の遺伝。

 

つまりこの男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に「変身する力」と「反応する力」が加わると
ハゲてしまうということになります。

 

「母方の祖父がハゲていたら自分もハゲる」というのは、「感受性」の遺伝によるもの。
ハゲが遺伝するかどうかはこの「感受性」と「5α-リダクターゼ」の酵素活性のバランスによって決まるのです。

 

 

「自分の髪が将来とても心配」という人は、【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット
で検査するとよいでしょう!

 

これはDNA検査で「将来、ハゲるリスクはどの程度あるか?」、「フィナステリドが効く体質かどうか?」などが
分かるので、育毛対策に非常に有効。
検査は自宅で唾液を採取して郵送するだけなのでとっても簡単!

 

 

男性ホルモンの崩れにより起こる男性型脱毛症の対策

男性ホルモンのバランスが崩れることで発生する男性型脱毛症の改善は、
育毛剤を使うのがベスト!
血行不良により起こる抜け毛も育毛剤で改善が期待できます。

 

ではどんな育毛剤がよいのでしょう?
ズバリ、フィナステリド系の育毛剤

 

フィナステリド系の育毛剤と言えば、プロペシア、フィンペシア、エフペシアなど。
是非、試してみましょう!

 

 

確実にフィナステリドの効果を確認したければ、【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット

前もってチェックするとよいでしょう。

 

さらに発毛までさせたいなら、ミノキシジルを併用するとより効果的。

 

 

発毛させたいならミノキシジル!?

フィナステリド系の育毛剤は男性型脱毛症に効果はありますが、抜け毛を防ぐ程度がほとんど。
発毛までする人は少なく、もし発毛したら超ラッキー!

 

そこで発毛まで期待したいならミノキシジルを併用するとよいでしょう。
日本皮膚科学会でも推奨しています。

 

ミノキシジルには塗るタイプと飲むタイプがあります。
塗るタイプには、リアップを始め、ロゲイン・ポラリスなどがあります。
効果・価格などからポラリスをおススメします。

 

飲むタイプではミノキシジルタブレットが有名で内服なので塗るタイプより高い効果が期待できるでしょう!
おススメは「フィナステリド+ミノキシジルタブレット」のセット。