睡眠と抜け毛・薄毛

睡眠と育毛の関係

睡眠は育毛に大きな影響を与えます。
特に睡眠不足や不規則な睡眠は、確実に抜け毛を増やします。
睡眠不足が続くと育毛剤を使っても効果は期待できません。

 

睡眠はどのように育毛に影響を与えるのでしょうか?
またどのような睡眠が育毛にプラスに働くのでしょうか?

 

 

睡眠不足は薄毛の原因

睡眠は育毛だけでなく、健康にも重要です。
睡眠はついつい軽視しがち。
現代人は、睡眠時間が大幅に減少し睡眠不足の人が多いのも事実。
さらにストレスなどにより良質の睡眠をとれていない人も多い。

 

睡眠不足が続くと抜け毛が増え、ストレスも溜まやすくなり、薄毛になる確率が高い。
さらに健康を害することも。

 

 

睡眠中は、皮膚細胞を構成するタンパク質の合成が盛んになります。
また髪の毛のダメージを修復する成長ホルモンや泌乳刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、
黄体形成ホルモンン、抗酸化作用を持つメラトニンなどが、より盛んに分泌されます。

 

睡眠不足や不規則な睡眠が続くとこれらのホルモン不足の状態になり、皮膚や髪の毛にマイナス。

 

 

成長ホルモンが分泌される時間帯

成長ホルモンが分泌されると髪は成長します。
特に「成長ホルモンが分泌されやすい時間帯」があります。
それが「夜10時~午前2時」と言われています。

 

毛母細胞の働きによって毛髪は形成されますが、この時間帯に最もこの毛母細胞が活性化され、
成長ホルモンが分泌され、毛母細胞も活性化されるのです。

 

ただ、この時間帯に起きていると成長ホルモンの分泌量が減り、毛母細胞の活性化も妨げられてしまい、
健康的でコシの強い髪が生えてこなくなる原因となり、抜け毛が増えてしまうのです。