喫煙と抜け毛・薄毛

喫煙と育毛の関係

喫煙は、育毛に大きな影響を与えます。
喫煙は、確実に抜け毛を増やします。

 

喫煙はどのように育毛に影響を与えるのでしょうか?

 

 

喫煙は血行不良を引き起こす

喫煙で引き起こされる大きな弊害のひとつが、毛細血管を萎縮させること。

 

たばこのニコチンは、中枢神経や末梢にあるニコチン性アセチルコリン受容体に結びつき、
さまざまな弊害を引き起こします。

 

そのひとつが、毛細血管を収縮させること。
血管が収縮されると血行が悪くなり、血流が減少し、育毛にマイナス効果。

 

さらに喫煙により、悪玉コレステロールを酸化コレステロールに変化させます。
酸化コレステロールは、血管の内腔に付着し、血管を詰まりやすくさせ、血行不良が起こりやすくなります。

 

 

毛髪の成長のために、血液から必要な栄養分を受け取っていますが、
血行が悪くなると、必要な栄養素を受けられなくくなり、育毛に弊害をもたらします。

 

 

喫煙は酸欠を引き起こす

たばこの煙には、一酸化炭素が含まれています。
一酸化炭素は、酸素を運ぶ赤血球内のヘモグロビンと結合するため、
細胞は酸素不足になります。
毛母細胞の代謝には酸素が必要ですが、酸素不足になると発毛に悪影響。

 

 

また、体内に取り込まれたニコチンは2時間程度で消失し、
1日数本の喫煙であれば、それほどニコチンによる弊害は残りません、
肺に付着したタールは、酸素交換力を低下させます。

 

 

たばこによる一時的なリラックス効果で、ストレス解消につながる場合もありますが、
他の方法でリラックスすることをおススメします。

 

 

喫煙はビタミンCを減らす

ビタミンCは皮膚を形成するコラーゲンなどを生成するのに欠かせない成分。
ビタミンCが不足すると頭皮は硬くなります。
頭皮が硬くなると血行が悪くなり、毛根の働きも悪くなるため抜けやすい髪しか生えてこなくなります。

 

 

喫煙は、体内のビタミンCを大量に消費します。
ビタミンCが不足すると、結果、抜け毛の原因となってしまうのです。

 

 

体内に蓄積できるビタミンCの量は、1500mg程度と言われていますが、
たばこを1本吸うと体内のビタミンCは約25mg消費します。

 

1日に何本も吸う喫煙者にとっては、本数×25mgのビタミンCが失われていることになります。

 

 

 

禁煙したいなら

強い意志があれば、禁煙できますが、多くの人は挫折しています。

 

「病院で禁煙」という方法もあります。
保険適用で2万円程度。

 

ネットでも、禁煙補助薬やニコチンを含まない「よもぎ100%の禁煙たばこ」、
ニコチンパッチ、サプリなどが販売されています。

 

禁煙補助商品なら、アイドラッグストアーオオサカ堂がおススメ!
さまざまな商品がありますので、チェックする価値はあるでしょう!