飲酒と抜け毛・薄毛

飲酒と育毛の関係

飲酒は、育毛に大きな影響を与えます。

 

適量の飲酒は、ほどよい血行促進作用が期待できるため有害とは言えないが、
過度の飲酒は抜け毛を増やします。

 

過度の飲酒はどのように育毛に影響を与えるのでしょうか?

 

 

過度の飲酒が抜け毛を増やす理由

髪の毛を形成するケラチンというタンパク質は、システインやメチオニンなどの
アミノ酸によって構成されています。

 

お酒を飲むと肝臓がアルコールを分解しようとします。
肝臓がアルコールを分解するためには、システインやメチオニンといったアミノ酸が必要となります。

 

ところが、過剰にアルコールを摂取するとアルコールを分解するために
多くのシステインとメチオニンを必要とします。

 

すると髪の毛を形成するために必要なシステインとメチオニンが不足し、
育毛に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

 

毎日のように過度の飲酒が続くと、栄養不足で芯の弱い毛髪しか生えてこなくなり、
どんどん毛髪の形成力が弱まり、成長しきれずに抜けてしまうことが起こります。

 

 

また、多量の飲酒は、睡眠の質を下げてしまいます。
毛髪は睡眠中に分泌される成長ホルモンの働きによって成長が促進されますが、
良質の睡眠がとれないと髪の成長が促進されづらくなってしまいます。

 

 

適度の飲酒を心がけましょう!