ごまの育毛効果

ごまと育毛の関係

ごまは、美肌効果、ダイエット、コレステロール除去、生活習慣病の予防など
さまざまな効果があるとされています。
さらにゴマは、育毛に大きな影響を与えます。
ごまに含まれる「ミネラル、ビタミン、タンパク質」は何れも髪に良い成分ばかり。

 

ごまは育毛にどう影響するのでしょう?

 

 

ごまの育毛効果

 

まず、ごまに含まれるタンパク質や亜鉛、ビタミンB2は髪の生成にとても役立ちます。
ビタミンB2は髪の成長を助け、艶とコシのある髪を保つためにも有効です。

 

 

またセサミンは強い抗酸化作用があるので、血管などの細胞を若返らせたり血流を良くする効果があり、
育毛にプラスに働きます。
さらに、ゴマに含有されるビタミンEは血行を良くし、リノール酸やオレイン酸は血液をサラサラにする効果が
期待できます。
またナイアシンや亜鉛など育毛を促進する成分も含有され、抜け毛を予防する効果も期待できます。

 

亜鉛は新しい細胞を作るために大事な栄養素。
亜鉛が不足すると髪や皮膚はもろ影響を受け、脱毛やかさつきの原因になります。

 

 

ゴマにはビタミンや亜鉛などの栄養素もたくさん含まれているので、
頭皮環境をきれいに整えてくれます。

 

髪の毛は血液に溶け込んでいるアミノ酸などを栄養素として細胞分裂しながら伸びていきます。
そのためセサミンなどの抗酸化物質は、髪を育てるために重要なのです。

 

さらにホルモン様物質が含まれているので、ホルモンの分泌を活発にし、
髪の毛の老化を防ぎ、抜け毛を予防、白髪を少なくする効果があるとされています。

 

ゴマに含まれる銅はメラニン色素の生成にかかわる栄養素。メラニン色素は、髪を黒くする作用があります。

 

 

ゴマを食べだして早い人で3、4ヶ月で育毛効果を実感できる人もいるようです。
必ず育毛に効果があるというものでもありませんが、美容・健康にもよさそうなので試してみる価値はあるでしょう!

 

 

ごまの栄養素

黒ゴマ100g中
・たんぱく質21.9g
・脂肪の61.7g
・カルシウム564mg
・リン368mg
・鉄50mg
・リノール酸
・リノレイン酸
・ステアリン酸
・オレイン酸
・フィチン酸
・アルギニン
・レシチン
・ビタミンE
・ビタミンA
・ビタミンB1

・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンB15
・ビタミンD
・ビタミンF
・ナイアシン
・イソフラボン
・セサミン
・セサミノール
・トリプトファン
・アントシニアン
・セレン
・葉素
・亜鉛
・銅
・マグネシウム

・食物繊維

 

 

ごまの食べ方

 

ごまには白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマなど種類がありますが、育毛には、黒ゴマがおススメ。

 

黒ごまは表皮にポリフェノールの一種であるタンニンと抗酸化作用があるリグナンが含まれていて、
毛質・頭皮の改善力が高いのです。

 

 

ごまは、小さい粒状で固い皮に覆われているので、そのまま食べるとすべてを噛みきれず、
体内で消化されないまま排泄されてしまいます。
消化されやすい食べ方をしないとせっかくの栄養素も無駄になってしまいます。

 

 

おススメは、すりゴマにして食べること。
また、ごまは炒ることで外皮が破れ、消化吸収が良くなります。
加熱することでゴマリグナンの一種であるセサモリンが、
より抗酸化作用の強いセサモールに変化という利点もあります。
炒るなら食べる直前が効果的。

 

1日の推奨摂取量は、大さじ1杯ほど。(10g程度)

 

ゴマは油分が多いので、食べ過ぎに注意しましょう。