青汁の育毛効果

青汁と育毛の関係

青汁は、健康、美肌、ダイエット、生活習慣病の予防など
さまざまな効果があるとされています。
さらに青汁は、育毛に大きな影響を与えると言われています。
青汁には「ミネラル、ビタミン」が多く含まれ、何れも髪に良い成分ばかり。

 

青汁は育毛にどう影響するのでしょう?

 

 

青汁の育毛効果

 

青汁にはさまざまな健康・美容効果が期待できますが、育毛にも有効なのです。
ただし青汁だけを飲んでいれば、発毛する訳ではなく、
育毛剤などを使いながら併用することでプラスに働くという程度と考えた方が良いでしょう。

 

青汁が育毛にどう影響するのでしょう。

 

 

青汁の主な成分は、たんぱく質、脂質、糖質、リン、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB1、
ビタミンB2、ビタミンC、葉緑素、食物繊維など。
健康・育毛に有効な栄養成分が非常に豊富に含まれています。

 

 

血液サラサラ効果

青汁は血液をサラサラにする効果があります。
その結果、毛細血管にも血液が通い、育毛に必要な栄養素が毛根まで届くようになるのです。

 

まず、青汁に含まれるピラジンと呼ばれる成分は、血管をふさいでしまう血栓の生成を抑制。
血栓が抑制されると血行が促され、ドロドロ血液が解消、つまりサラサラ血液へと改善されます。

 

ピラジンは、野菜独特の青臭さの元となっている成分ですが、これらを毎日大量に食べるのは困難。
ピラジンが凝縮した青汁を毎日1杯飲むことが推奨されているのです。

 

また高脂質の食事は血液の流れを悪くし、頭皮の血行も悪くなる可能性があります。
青汁に含有される食物繊維は脂質を吸収してくれるので、正常な血液の流れになります。

 

さらに青汁のたくさんの栄養素やビタミン、ミネラルは、身体の新陳代謝を高めてくれます。
代謝が高まると血液がサラサラになり身体の血行を良くし、
頭皮や頭髪に必要な栄養素をどんどん運んでくれるのです。

 

血液の流れが良くなれば当然髪の毛の生える可能性が高まるのです。

 

 

髪の成長促進

青汁には、カルシウムやマグネシウム、鉄分、ビタミンC、ビタミンEなどの
髪に良い栄養素が豊富に凝縮されていますので、飲むだけで髪が健康に。
またミネラルや必須アミノ酸などの含有量も多いので、育毛の効果をより高めてくれます。

 

 

髪の主成分は、ケラチンというたんぱく質ですが、栄養を髪の組織に変える作用をするのが亜鉛。
青汁には、亜鉛も含まれているので髪の成長に役立ち、育毛効果が見込めます。
特に不規則な生活を送っている人は、薄毛になりやすいので、積極的に青汁を摂取することをおススメします。

 

 

ストレス軽減

過度のストレスは薄毛にすぐ直結します。
青汁の含まれるビタミン類は、対ストレス効果もあります。
ストレス減少によって髪が生える環境が整います。

 

 

毎日1~2杯の青汁を飲み続けることで、抜け毛が止まったり、髪の毛の痒みや頭皮の脂分が減り、
頭皮環境が良好になる人も。
育毛効果は相当あると考えられます。

 

 

青汁の栄養素

たんぱく質
脂質
飽和脂肪酸
一価不飽和脂肪酸
多価不飽和脂肪酸
コレステロール
炭水化物
食物繊維
カロテン
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12レチノール

水溶性食物繊維
不溶性食物繊維
葉酸
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンC
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

亜鉛

マンガン
青汁の種類によって変わります。

 

 

 

青汁の健康効果

 

青汁を飲み続けることでさまざまな健康効果が得られます。
例えば、生活習慣病予防、血液サラサラ効果、ニキビ対策、肌を美しく綺麗にする効果、貧血対策、
安眠効果、便秘解消効果、むくみ解消など。

 

 

アンチエイジングと美容

青汁の効果として期待されるのがアンチエイジング。
ビタミンやミネラルなどが持つ抗酸化作用によって老化を防ぐことができます。
またシワやシミを解消して、若返りを図ることも可能でしょう。
日焼けしてしまった肌を整えたいという目的にも有効でしょう。

 

 

生活習慣病対策

生活習慣病を予防・改善してくれる効果も期待できます。
特にメタボリックシンドロームや高血圧、動脈硬化などに対しての効能が見込めます。
ヘルスケアには最適な健康食品と言えるでしょう。

 

 

むくみ解消

青汁は野菜が原料ですので、血液をさらさらにする作用があります。
結果、老廃物を洗い流す効能が期待できまので、むくみを解消する結果をもたらしてくれるでしょう。
特に明日葉を原料としている青汁にはカルコンというポリフェノールが含まれむくみ解消を促進してくれます。

 

 

便秘解消

青汁は便秘解消にも効果的。
これは野菜に含まれている食物繊維が腸のぜんどう運動を促進してくれるから。
お腹に溜まっていた老廃物を排出してくれるのです。
また便秘が解消されることで肌荒れも改善されますし、ストレス解消にもつながります。

 

 

主な成分の健康効果

ビタミンA
肌荒れや目の疲労に効果的
ビタミンC
免疫力の強化、抗ガン作用、美肌作り
カルシウム
血圧やコレステロールを下げる効果
カリウム
不足すると脱力感や不整脈を引き起こすことにも
マグネシウム
心臓病、高血圧を予防したりコレステロールを下げる効果

貧血を予防、冷え性や抵抗力アップ
食物繊維
コレステロールの上昇を抑制
葉緑素
コレステロールを低下させる、血液をサラサラにする

抗酸化物質
体に有害な活性酸素を抑え、ガンやさまざまな病気を予防、老化防止

 

 

青汁の選び方

 

青汁には、ケール、大麦若葉、明日葉、ゴーヤ、桑の葉など種類があり、さまざまなメーカーから販売されています。
また味や製法、価格なども大きく違います。

 

 

どの青汁をにするかの基準は続けやすいものを選ぶことが一番。
続けやすさとは、人によって異なり価格や味、成分だったりします。
また重要なのが、自分の体質に合うことと効果があるかということ。

 

 

青汁の原材

青汁には、ケール・大麦若葉・明日葉・ゴーヤ・桑の葉など原料が違うので、
原材料の栄養成分表を比較しましょう。

 

製法

冷凍青汁・粉末青汁・フリーズドライ青汁・粒青汁などさまざまな製法があり、栄養価が変わってきます。

 

続けるためにも飲みやすい青汁が良いでしょう。
飲みやすい青汁も増えています。
まずい、苦いというイメージが強い青汁ですが、毎日飲み続ければ慣れる場合もあります。
また、牛乳や豆乳とブレンドして飲むと飲みやすくなります。

 

安全性

重要なポイントとして挙げられるのが安全性。
原材料について説明があるかどうかという点。
無農薬・有機栽培の野菜でできた青汁であったり、添加物が入っていない青汁であれば、安心でしょう。
毎日摂取するものですから、安心して飲める製品を選びたい。

 

価格

価格を比較しましょう。
製法やメーカーによって大きく違います。
毎日続けられる価格の製品を選びましょう。
また、初回限定サービスや定期購入コースなどメーカーによってさまざまなサービスがあります。