イソフラボンの育毛効果

イソフラボンと育毛の関係

イソフラボンと言えば、「美容や健康に良さそう!」というイメージ。

 

まさか育毛にも良いとは!?
イソフラボンの効能を理解すれば、育毛にもプラスに働くことが分かるでしょう!

 

イソフラボンは育毛にどう影響するのでしょうか!?

 

 

イソフラボンの育毛効果

 

イソフラボンは、いろいろな健康・美容の効果を期待できますが、育毛にも有効です。
ただしイソフラボンを食べれば、発毛するという可能性はさほどなく、
イソフラボンを摂取しながら、育毛剤を併用することで発毛効果を高めると考えた方が良いでしょう。

 

では、イソフラボンは育毛にどう影響するのでしょう。

 

 

男性型脱毛症の主原因

男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンによる作用が大きいと言われています。
この男性ホルモンは、テストステロンというホルモン物質で体内の5αリダクターゼという還元酵素と
化合すると5αジヒドロテストステロンというホルモンに変換されます。

 

この5αDHTが毛乳頭細胞にある受容体(レセプター)に結合すると発毛を抑制する作用を起こします。
すると正常なヘアサイクルが乱れ、毛髪が充分に発育できなかったり、抜け落ちるサイクルが早くなり、
次第に抜け毛が進行し、薄毛になってしまうのです。

 

 

イソフラボンの作用

イソフラボンは血液中の男性テストステロン濃度を下げる作用があり、
その結果、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを抑制、抜け毛を減らしてくれます。
また変換酵素の5αリダクターゼを阻害する作用もあります。

 

これは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしていることになりますし、
プロペシアに含まれるフィナステリドとも同様の働きをしていることになります。
女性ホルモンと似た作用があるイソフラボンを摂取することは抜け毛予防にかなり有効なのです。

 

さらに女性ホルモンのような作用があるイソフラボンは、
丈夫でしなやかでみずみずしい艶のある髪にする作用もあるのです。

 

イソフラボンを使った育毛サプリ⇒「ダブルインパクト

 

 

イソフラボンが含まれる食品

 

納豆1パック(50g)65.0mg
大豆飲料125ml69.0mg
豆腐1/2丁(110g)55.0mg
油揚げ1/2枚(75g)52.5mg
大豆煮50g30.0mg
きな粉おおさじ1(6g)15.6mg
みそおおさじ1(18g) 7.2mg

 

 

イソフラボンの健康効果

イソフラボンは植物性のポリフェノールの一種で女性ホルモンと同様の働きをするので、
美容・健康などさまざまな効果が期待できます。

 

コレステロール上昇抑制

生活習慣病の予防・改善効果がイソフラボンにあると言われています。
イソフラボンには、悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす効果があります。
そのために、動脈硬化も改善にも効果を期待できます。

 

骨粗しょう症予防

骨に含まれるカルシウムは、女性ホルモンの分泌が少ないと溶け出してしまいます。
女性ホルモンに似たイソフラボンを摂取することで骨の密度を維持したり、
骨粗鬆症の改善に効果が期待できます。

 

安眠効果

イソフラボンは自律神経を整える作用もあります。
結果、にストレスを鎮静化して、快眠効果をもたらすことになります。
眠れない人や眠りが浅い人は、イソフラボンを活用してもよいでしょう。

 

ガン予防

イソフラボンはガン予防にも効果的と言われています。
これは強力な抗酸化作用や血行促進作用、自律神経を整える作用などが相互に作用して得られる効果。
遺伝的にガンの発症リスクが高い人や生活習慣が乱れがちな人は積極的に摂取するとよいでしょう。

 

更年期障害対策

更年期障害は、頭痛やイライラなどの心理的な負担などを引き起こす女性に多い症状。
主な原因は、加齢に伴うホルモンバランスの崩れ。
イソフラボンは、このような症状を緩和する効果がある点でも高い評価を得ています。
辛い症状を軽減するためにも有効活用してみては。

 

美容効果

イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)に似た構造で、エストロゲンが不足した場合には、
補強するように働き、エストロゲンが過剰になると抗エストロゲンとして働くというように、
女性ホルモンを適正量に保つ状態を作ります。
また、ヒアルロン酸やコラーゲンの合成を促し、つややかで張りのある肌を保ちます。
さらに脂腺抑制作用があり、ニキビ、湿疹、フケ、油性皮膚、脱毛症の予防が期待できます。

 

アンチエイジング

イソフラボンには、強力な抗酸化作用があります。
生活習慣の乱れなどによって引き起こされる活性酸素の異常増殖を防ぐことができます。
例えば、シミやシワの改善などの結果が期待できます。
日焼け予防や美肌効果にも効果あり。

 

バストアップ

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きがありますので、ホルモンバランスを整えることができます。
結果、バストアップにも効果があることが証明されているのです。
特に「プエラリア」を使ったものは、イソフラボンの濃度が高く、高いバストアップ効果が期待できます。

 

ダイエット効果

イソフラボンは、食後の血糖値上昇を抑制する、体内の脂質の吸収を阻止する、
脂肪を付きにくくする、腸内に長く留まり満腹感を持続させ、食欲を抑えるなどにより、
ダイエット効果も期待できます。
またイソフラボンは基礎代謝を向上させるのでイエットにプラスに働きます。

 

便秘解消・むくみ解消

イソフラボンは腸の運動を促進する効果もあります。
また、老廃物を排出する力を大きくするので、むくみ解消にも効果あり。
便秘やむくみなどで悩んでいる人は積極的にイソフラボンを活用したい。

 

 

 

イソフラボンの摂取方法

 

イソフラボンの1日の摂取量の上限は、70mg~75mg。
1日の推奨摂取量は40mg~50mg。

 

豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g、納豆なら60g(1パック)程度。
大豆製品を多量に食事から摂取しても、体外に排出され、過剰に体内へ吸収されることはありません。。

 

大豆には、毛細血管を太くするビオチンというビタミンが多く含まれているため、
髪にも生活習慣病にもいい。
男性型脱毛症にも効果が期待できますので、積極的に大豆製品を摂取しましょう。

 

 

ただ毎日、継続して食事から摂る自信がない人は、サプリメントから摂取するのが良いでしょう。
ただ、サプリメントの場合は、過剰摂取の危険もあります。
サプリメントでの摂取量は、食事からの摂取を考慮して、1日当たり30mgまでが望ましいでしょう。

 

 

唐辛子成分のカプサイシンと併用摂取すると育毛の相乗効果が上がるとも言われています。

 

イソフラボンとカプサイシン配合の育毛サプリ⇒「ダブルインパクト」はおススメ。