黒酢の育毛効果

黒酢と育毛の関係

黒酢は、美容・健康に良さそうと分かりますが、育毛にも良さそう!

 

黒酢の効能を理解すれば、育毛にもプラスに働くことが分かるでしょう!

 

黒酢は育毛にどのように影響するのでしょうか!?

 

 

 

黒酢の育毛効果

 

黒酢は、さまざまな健康・美容効果を期待できますが、育毛にも有効です。
ただし黒酢を飲めば、発毛するという可能性はさほどなく、
黒酢を摂取しながら、育毛剤を併用することで発毛効果を高めると考えた方が良いでしょう!

 

では、黒酢は育毛にどう影響するのでしょう。

 

 

血液サラサラ効果

まず黒酢には血液をサラサラにする効果があります。
黒酢は米酢の一種で米や大豆を原料に発酵・熟成し、麹菌や乳酸菌の作用で琥珀色に色づいたもので、
アミノ酸やミネラルが豊富に含まれています。
このアミノ酸のひとつであるアルギニンという成分が血液をサラサラにすると言われています。

 

頭皮には無数の毛細血管がありますが、もしも血液がドロドロであれば、毛細血管から毛母細胞に栄養が行きわたりません。
血液をサラサラにする事で血流を良くし、栄養が運ばれます。

 

 

育毛栄養素

黒酢に含まれるアミノ酸や有機酸、ミネラルなどは髪の発育に重要な栄養素。
髪の毛は18種類のアミノ酸で構成されています。
黒酢というのは、玄米を2,3年熟成させて作られたお酢なので、
一般のお酢より10倍も多くアミノ酸を含んでいると言われているのです。

 

結果、発毛にプラスに作用するのです。

 

 

イノシトール効果

黒酢には、ビタミンB群の一種である「イノシトール」と呼ばれる成分が含まれています。
イノシトールは、栄養素を神経細胞に供給する働きがあります。
神経細胞はあらゆる器官に刺激を伝達しており、発毛を指令する伝達も含まれています。
結果、イノシトールによる神経細胞の活性化は、育毛を促進することにもつながってくるのです。

 

 

ストレス軽減

ストレスは抜け毛の大きな原因となります。
ストレスの原因は疲労にも起因します。
黒酢に含まれる酢酸・クエン酸・アミノ酸の3つの成分は疲労回復に効果があります。

 

疲労が解消されればストレスも軽減され抜け毛も抑えられるでしょう。

 

 

黒酢の成分

 

糖質
たんぱく質
クエン酸
コハク酸
リンゴ酸
乳酸
酢酸
カルシウム

カリウム
マグネシウム
リン
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12

ナイアシン
パントテン酸
葉酸
シスチン
トリプトファン
グルタミン酸
プロリン
アスパラギン酸
アラニン
ロイシン
アルギニン
グリシン
バリン
セリン
リジン
フェニルアラニン

イソロイシン
スレオニン
チロシン
ヒスチジン
メチオニン

 

 

黒酢の健康効果

黒酢は米酢の一種で米や大豆を原料に発酵・熟成し、麹菌や乳酸菌の作用で琥珀色に色づいたもので、
アミノ酸やミネラルが豊富に含まれていて、健康・美容・ダイエットなどさまざまな効果が期待できます。

 

 

血行促進

黒酢は、血液をサラサラにする効果がありますので、
血液の循環をよくして、血流が滞ることによって起こる病気に効果が期待できます。
例えば、動脈硬化や高血圧、血圧の正常化、コレステロールや中性脂肪を減らすことに効果を発揮します。

 

 

疲労回復

体内に乳酸が溜まると筋肉が硬化したり、疲労物質を作り出します。
黒酢はこの乳酸を排出する作用があるので疲労回復が見込めます。

 

疲れが溜まるのは、体内に乳酸が増えてしまうからなのですが、
この乳酸を分解して代謝してくれるのがクエン酸です。

 

黒酢は、酢酸菌を使って酢酸発酵して作られてます。
酢酸はクエン酸の元となる成分で、その酢酸によって作られる黒酢は、
良質のクエン酸を豊富に含んでいるのです。
黒酢は、他のクエン酸含有食品よりも疲労回復効果が高く、即効性もあります。

 

また、乳酸を排出するだけではなく、エネルギーも生み出す効果があるので、
スタミナが増強され、疲れにくい体作りをすることができます。

 

 

ダイエット効果

黒酢に含まれるアミノ酸にはアルギニンやリジン、グルタミンなどがあります。
これらの成分は、成長ホルモンを刺激し、体脂肪を分解、血液中に遊離脂肪酸を排出する働きがあります。
体脂肪が遊離脂肪酸になると、肝臓や筋肉運動によって燃焼されやすくなります。

 

また、アミノ酸に含まれるヒスチジンは、血液中に体脂肪を排出する作用があります。

 

他に黒酢のアルギニンは血管を拡げて血行を促進、
結果、血液中に排出された脂肪がスムーズに運ばれて、効率よく脂肪を燃焼します。

 

さらに黒酢に含まれる酢酸には、肝臓が脂肪を吸収するのを防ぐ働きがあります。

 

 

このように黒酢を飲むことによって体脂肪を減らしたり、
内臓脂肪によるメタボリックシンドロームの改善にも効果が期待出来ます。

 

 

美肌効果

皮膚や髪の毛、爪、内蔵などを形成するにはたんぱく質が欠かせません。
皮膚は、ほとんどがタンパク質の「ケラチン」で構成されています。
アミノ酸はタンパク質を形成する成分。
黒酢に含まれるアミノ酸を摂取することは、
皮膚を構成するタンパク質を作り出す原料を補給していることになるのです。

 

また、アミノ酸には新陳代謝を促進する効果があり、
古い角質を除去して新しい皮膚を作り出す、美肌には欠かせない働きがあります。

 

 

加齢臭・口臭予防

黒酢には酢酸が豊富に含まれています。
この酢酸は殺菌作用があり、皮膚の表面に付いている雑菌を除菌します。
黒酢を飲むことで臭いのもととなる雑菌を除菌してくれるので、
口臭や加齢臭の改善が期待できます。

 

 

黒酢の摂取方法

 

黒酢の1日の摂取目安量は、30mlほど。(大さじ約2杯分の量)

 

黒酢は、酸性なのでそのまま飲むと胃に負担がかかり、あまりよくありません。
特に、空腹時は、直接胃を刺激し、胃腸を悪くするリスクがあります。
胃腸が弱い人は、摂取方法に十分注意しましょう。
黒酢を飲む場合は、10倍から20倍程度薄めて飲むことをおススメします。

 

黒酢をおいしく飲むには、ジュースや牛乳などで割ってみるのも良いでしょう。
また、黒酢を使ったレシピなどを参考に食事から摂取するのもよいでしょう。