乾燥と抜け毛・薄毛

乾燥と育毛の関係

乾燥は、育毛に影響を与えます。

 

「空気が乾燥する季節になると頭の痒みがひどくなる。」
「痒みにともない抜け毛の量が多くなる。」などの症状がよく現れます

 

特に空気が乾燥しやすい冬の時期は要注意。

 

乾燥の季節はお肌と一緒で髪や頭皮のケアが必要になります。

 

乾燥は育毛にどう影響を与えるのでしょうか!?
また対策をしっかり押さえておきましょう!

 

 

乾燥が抜け毛を増やす理由

正常な頭皮は、皮脂がバリアの役割をするので頭皮を外部の刺激から守っています。
しかし空気が乾燥すると皮脂が少なくなり、このバリア機能がなくなります。

 

皮脂に含まれる脂肪酸は、細菌の繁殖を予防する働きがあり、
逆に乾燥した頭皮は細菌から守られていない状態となっています。

 

細菌が多い頭皮は、当然毛髪が育ちにくい環境になってしまうのです。
また、かゆみを感じる神経を刺激するため、かゆみを感じるようになるのです。

 

頭皮が乾燥し潤いが失われると炎症を起こしやすくなり、
雑菌を繁殖させ、毛母細胞にまでダメージを与え、抜け毛に繋がるのです。

 

 

当然、乾燥は頭皮だけでなく髪の毛にもマイナス。
乾燥すると髪に柔軟性が失われ、パサツキ・切れ毛・枝毛の原因になり、
髪の毛自体が傷みやすくなります。
乾燥した状態でブラッシングすると静電気で髪の毛や毛根にダメージを与え、
抜け毛を増やす原因にもなります。

 

 

皮脂っぽい人は薄毛になりやすいですが、乾燥肌の人も薄毛になりやすいのです。

 

 

加えて頭皮の血行不良は乾燥を加速させる要因となり、
乾燥肌の人は洗髪をしすぎると乾燥がさらに進み、
頭皮がダメージを受けやすくなります。

 

 

頭皮を乾燥から守るために

乾燥から頭皮を守るために重要なのは、保湿。

 

シャンプーやヘアコンディショナー、ローション、育毛剤などは、
保湿効果の高いものを使いましょう。
また冬場は加湿器を有効に使いましょう。
理想的な湿度は50%前後。

 

 

 

シャンプー選び

最も流通している市販の高級アルコール系シャンプーは、界面活性剤が含まれ、
泡立ちがよく洗浄力が高いのが特徴ですが、
頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまうので乾燥肌になりやすいのです。
特に肌が弱い人や乾燥肌タイプの人は注意が必要です。

 

おススメはアミノ酸系ノンシリコンシャンプー

 

ヘアケア商品に幅広く使われているシリコンは、
キューティクルをコーティングするので手触りが良くなり、艶を出します。

 

ただシリコンは、髪をコーティングするだけで髪を修復したり、保湿する効果はありません。
そのためシリコンを使ったヘアケアを続けていると髪を傷めてしまうことがあります。
このシリコンを含んでいないのがノンシリコンシャンプーです。

 

 

またアミノ酸系シャンプーの最大の特徴は、汚れだけを取り除き、頭皮を守る皮脂を取り過ぎないこと。
「選択制洗浄能力」と言われる能力があり、汚れだけを洗い流してくれる機能があるのです。

 

使い心地も悪くなく、髪のきしみやゴワツキももありません。

 

おススメのアミノ酸系ノンシリコンシャンプーは、
プレミアムブラックシャンプー・ウーマシャンプー・BUBKAシャンプーなど。
育毛シャンプーランキングをチェック!

 

 

頭皮用ローション

頭皮用ローションは、かゆみの抑制、細菌の増殖予防、フケの予防などに効果を発揮します。
成分は商品によりさまざま。
目的により乾燥によるかゆみを抑える商品やフケを抑える商品などがあります。

 

頭皮用ローションは保湿成分に優れているものが多いので
通常の乾燥した頭皮なら十分効果を得ることができるでしょう。

 

 

血行改善

頭皮の血行が悪いと乾燥を加速させる要因となるのです。
頭皮の血行を促進するにはさまざまな方法があります。
例えば、食生活・ストレス・睡眠・飲酒・喫煙・運動などの生活習慣を改善することが
血行促進につながります。

 

また頭皮マッサージや育毛剤の使用も血行を改善するおススメの方法です。

 

 

育毛剤の使用に当たって

一般に乾燥肌の人の頭皮は刺激に対して敏感です。
育毛剤を使用することでその刺激に耐えられない人もいます。
そんな人はローションなどで頭皮を保湿させてから育毛剤を使用すると良いでしょう。

 

育毛剤には、毛根に栄養を供給するとともに頭皮にもうるおいを与える役割があります。