レイモ

レイモは効果ない!?

口コミでも評価の高いレイモ。
どの程度、育毛に効果が期待できるのでしょうか?

 

 

レイモを使っている人の9割が育毛改善を実感しているようで、世界各国で使用されている。

 

 

レイモは、
『低出力レーザーの周囲にLEDと頭皮刺激バーを搭載。
これが頭皮の血管を拡張、頭部全体の血行を促進する作用があり、毛根への栄養・酸素の供給をスムーズにしてくれる。
さらに、LEDの光が気になるフケや過剰な皮脂の分泌を抑制。かゆみやベタつきを予防し、清潔な頭皮環境を維持してくれる。』
ようだ。

 

 

口コミでは、
「抜け毛が減った」「頭皮の状態が良くなった」という評価はあるが、「変わらない」「発毛はない」との声も多い。

 


レイモは抜け毛を減らす効果は期待できるが、発毛は難しいでしょう

発毛する人もごく稀にいるようだけど。
発毛効果を期待するよりも『抜け毛を減らす』ことを期待して、購入を検討した方がよいでしょう。

 

>レイモの詳細・購入<

 

 

レイモに言われている効果

レイモが発揮すると言われている効果は、

レイモの低出力レーザーは医療用のレーザーと同レベルの890nm。
890nmレベルだと最大で皮膚下5cmまでレーザーが到達するので、直接毛嚢細胞にエネルギーを与えることができる。
エネルギーの供給によって毛嚢細胞は、回復・復活し、新しい髪を発毛させるための活動を再開させる。

 

また、低出力レーザーのみならず、LED療法と頭皮刺激バーを採用。
LEDを頭皮に当てると、照射されたLEDが頭皮の血管を拡張、血行を改善する。
血行が改善されると、よりスムーズに発毛が行われるようになる。
頭皮刺激バーは頭皮に刺激を与え、LED療法の効果をアップし、柔らかく健全な頭皮を作り上げる。

 

薬品以外で初めてアメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を取得。

 

 

実際には、発毛させるのは困難。
「抜け毛を減らす」という目的で試してみようと考えた方がよいでしょう!

 

「レイモ」なら本体の購入だけでずっと使い続けられる。
かかる費用は最初の本体購入時のみ。

 

サロンでのレーザー治療と比較しても、コストパフォーマンスがよく、使い続ければ、お得感はアップする。
抜け毛を防止するプロペシアと比べても、毎月の費用が発生しない、副作用の心配もいらない。

 

 

レイモを使えば、確実に結果がでると言うことはできないが、
多くの人が抜け毛を減らす効果を実感しているので試してみる価値はあるでしょう!

 

 

レイモのおススメの使用方法

現在、育毛の主流は、ミノキシジルとフィナステリド。
日本皮膚科学会でもこの2つは推奨されている。

 

 

レイモの発する低出力レーザーは、薬品以外では初めてアメリカ食品医薬品局(FDA)に育毛効果が、
正式に認証されています。

 

アメリカでは、抜け毛予防のためのフィナステリド含有のプロペシアから、
レイモなどのレーザー育毛機に切り替わりつつある。
「ミノキシジル+プロペシア」の組み合わせから
「ミノキシジル+レーザー育毛機」に変える人も増えています。

 

 

育毛剤は継続使用する必要があるため毎月費用がかかり、副作用も気になる。
レイモ価格は高額だけど、初期費用だけで、ランニングコストはかからない。

 

レーザー育毛機はより安全な育毛が可能となります。

 

 

そこでおススメは、『レイモ+ミノキシジル』。
レイモで抜け毛を予防し、ミノキシジルで発毛を促進できます。
更に育毛効果を高めるために「レイモ+ミノキシジル+フィナステリド」の組み合わせもいいでしょう!

 

 

ミノキシジルには錠剤タイプのミノキシジルタブレット、リキッドタイプのリアップ、ロゲイン、ポラリスなど。
フィナステリドには、プロペシアやジェネリックのフィンペシアがある。
飲むタイプの「ミノキシジルタブレット」は、有効成分が直接作用するため最強の育毛剤とまで言われている。

 

レイモ

890nmの低出力レーザーが頭皮深くに浸透、LED療法も兼ね備えた育毛機。

アメリカ食品医薬品局(FDA)の認証を薬品以外で初めて取得!

世界30ヶ国以上で使用されている。


日本では一部のサロンでのみ利用可能だった機能を自宅で使用できる!

低価格帯にしたコンパクトタイプ。


頭皮の炎症改善や抜け毛の抑制の期待大!

使用中の育毛剤と併用することで、高いレベルの育毛の実現に!



>レイモの公式サイト<

価格 対象 評価
46,800円 男女兼用