L-リジン副作用

ミノキシジルの育毛効果を引き出すL-リジンの副作用は!?

L-リジンは、髪の成分となるタンパク質の生成を助け、血管を拡散し血流を促進する作用があり、薄毛や抜け毛に対して育毛効果があります。

 

特にミノキシジルと併用することでミノキシジルの効果を最大限に引き出すことが分かっています。

 

L-リジンは、高い効果が期待できることから、副作用が出るのではと不安に感じる人がいます。

 

 

L-リジンはサプリメントとして扱われていて、その成分も人間の体内に必要な必須アミノ酸なので、これと言った副作用の報告はありません。
L-リジンは、人体に悪影響を与えることがないのが特徴です。

 

 

ただ、サプリメントからの過剰摂取には注意した方がよさそうです。

 

⇒ L-リジンの詳細・購入

 

L-リジンの過剰摂取

 

食事からのみリシンを摂取している場合は、過剰摂取が起こらないので特に注意する必要はありません。

 

 

1日当たり10g(10,000mg)のリジンを5日間摂取すると胃痛や下痢などの副作用を引き起こす可能性があると報告されています。
また過剰摂取で下痢、胃けいれん、胆石形成、血中コレステロール値の上昇、肝機能障害などの引き金になる可能性があるとされています。

 

1日の摂取量の目安は、500mg~1500mgなので、その範囲内で摂取するようにしましょう。