ミノキシジルタブレット通販

ミノキシジルタブレット通販ランキング

一般にミノキシジルタブレットは個人輸入代行という方法で入手します。
普通の通販と大きな違いはありませんが、「その業者が信頼できるか?」「品物の品質が信頼できるか?」という点に特に注意する必要があります。
そこで口コミ・評判・実績・価格からミノキシジルタブレット通販サイトをランキング!

 

一般にミノキシジルタブレットは個人輸入代行という方法で入手します。

普通の通販と大きな違いはありませんが、「その業者が信頼できるか?」「品物の品質が信頼できるか?」という点に特に注意する必要があります。

そこで口コミ・評判・実績・価格からミノキシジルタブレット通販サイトをランキング!

 

オオサカ堂のミノキシジルタブレット

TO Med社製のミノキシジルタブレットを販売。

価格は米ドルベースなので為替レートで価格は変わる。

円高なら安く、円安なら高くなる。

オオサカ堂は、評価が高く、リピーターも多く、格安で人気!

複数購入やセット購入ならさらに安くなります。

フィンペシアとミノキシジルタブレットなどのセットはおススメ!




>ミノキシジルタブレット オオサカ堂公式サイト<

価格 容量 特典
2,536円 1箱10mg100錠 ポイント、送料無料、複数購入割引

 

くすりエクスプレスのミノキシジル

ロニタブは「ミノキシジル」が主成分の内服薬。
インドのインタスファーマ社製のジェネリック。

地肌の敏感な人には錠剤タイプがおススメ!

1箱10錠入りなので注意。

商品は正規品100%保障、配送保障

まとめ買いするとさらにお得に。

期間限定のセールあり。送料無料!



>ロニタブ くすりエクスプレス<

価格 容量 特典
1,980円 1箱10錠 ポイント、送料無料、複数購入割引

 

ベストケンコーのミノキシジル
インタスファーマ社のロニタブ。

ベストケンコーは世界最大級の医薬品通販オンラインショップ。

正規ブランド医薬品はもちろん、ジェネリック医薬品も各国の薬剤師により成分検査済。

商品は、正規品100%保障。期間限定セールあり。


>ロニタブ ベストケンコーの公式サイト<

価格 容量 特典
5,450円 5mg10錠x5箱 ポイント、送料無料

 

 

 

ミノキシジルタブレットの通販は大丈夫!?

ミノキシジルを使った育毛剤には、リアップやロゲインなど無数にありますが、その中でもミノキシジルタブレットは、飲む内服薬で体内に取り込むため頭皮に塗布するタイプよりも有効成分が直接作用するため、より高い効果が期待できます。
飲む育毛薬を服用することで驚くほどの効果が出る人もたくさんいるのです。

 

男性型脱毛症のもっとも一般的な治療法として、フィンペシアと共にミノキシジルが使用されています。
あの有名なリーブ21でもミノキシジルタブレットを使っているほど・・・。

 

ミノキシジルタブレットはAGA対応の病院やクリニックでも処方してくれますが、
通販サイトで購入する人が多いです。

 

通販なら病院に行く手間もかからず、圧倒的に格安で手軽に購入できること
大きなポイント。
1箱100錠入り。1日1錠の服用なので3ヶ月以上もちます。

 

 

ミノキシジルタブレットの特徴

ミノキシジルは、アメリカの製薬会社アップジョン社(現ファイザー)によって1980年代に開発され、
世界で初めて認可された脱毛症の治療薬。

 

元々、ミノキシジルは、高血圧症の人のための血管を拡張し血圧を下げる薬でした。
ところが、ミノキシジルの副作用で多毛症になる人が多かったことから研究が進み、
脱毛症に効果があるということがわかったのです。

 

 

ミノキシジルは、血行を良くすることで発毛を促進することに加え、毛母細胞に直接働きかけ、
毛母の細胞分裂を活性化させ、髪成長を早め、高い育毛効果を発揮します。
脱毛を抑制する働きのあるプロぺシアとは異なる働きがあります。

 

効果が高い反面、副作用の危険性があります。
副作用が心配な人は、最初は少量で試すことをおススメします。

 

ミノキシジルを使った製品

1980年代、アメリカのアップジョン社(現ファイザー社)によって2%濃度の発毛剤『ロゲイン』として販売されました。
この商品を始めとして現在までさまざまなミノキシジル発毛剤が開発されています。

 

現在ではリキッドタイプのほかに当ページで紹介している錠剤タイプがあります。
リキッドタイプは、日本では『リアップ』が代表的なミノキシジル医薬品ですが、
他に「ロゲイン」、「ジェンヘアー」、「ヘッドウェイ」、「ポラリス」、「カークランド」、「ツゲイン」などの商品があり、
ミノキシジル濃度は1%から16%と用途に合わせて段階的に選ぶことができます。

 

錠剤タイプには、「ロテニン」、「ミノキシジルタブレット」、「ロニタブ」などがあります。
ミノキシジルタブレットとロニタブはロニテンのジェネリック医薬品。

 

 

錠剤タイプのミノキシジル

ミノキシジルタブレットは、ロニテンのジェネリック薬。
塗布するタイプよりも飲む内服薬は体内に取り込むため有効成分が直接作用し、
より高い発毛効果が期待できます。

 

錠剤タイプは、塗るタイプと比較すると薄毛の改善効果が高く、即効性があるとの評価があります。
ミノタブは、ミノキシジル系育毛剤の中でおそらく最も効果が高いと考えられ、
それゆえ最強の育毛剤とも言われているのです。

 

ただ高い効果が期待できますが、副作用もあることに注意してください。

 

 

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルは脱毛をストップさせ、髪を生やす効果があると噂されています。

 

ミノキシジルは抜け毛を抑制するフィナステリドと違い、毛母細胞に作用し、
細胞分裂を活性化、髪成長を早めると言われています。
また血管拡張作用があるので頭皮の血行が促進され、
毛乳頭や毛母細胞に栄養がたくさん運ばれ、髪の育成が期待できます。

 

毛乳頭は、毛髪の形成に必要な栄養分を毛母細胞に送り、毛髪を作る役割があります。
毛乳頭に栄養分がたくさん運ばれると毛髪形成の作用が強くなる仕組みです。

 

ミノキシジル系の育毛剤の中でも、飲むタイプのタブレットは、
有効成分が直接作用するため最強の育毛剤とまで言われているほど。

 

ミノキシジルタブレットは、主に頭の頭頂部に発毛効果が期待でき、
前頭部などの生え際の効果は個人差があり比較的低いようです。

 

私も服用2ヶ月ほどで髪全体のボリュームがかなり増えました。
前頭部の髪がある部分は髪が増えました。
使用前に撮った写真と比較するとよく分かります。
ただ、生え際の毛がなくなってしまった部分はやはり産毛程度でした。
使うなら早い方がよいと思います。

 

「ポラリスNR-08」や「ポラリスNR-09」などリキッドタイプの高濃度ミノキシジルを使用することで
回復の難しい前頭部にも発毛の効果が期待できるようです。
さらにフィンペシアなどのフィナステリド系育毛薬との併用で相乗効果が期待できます。

 

詳細は、
⇒どうしても発毛させたい最強の育毛剤セットをチェック!

 

 

 

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルはもとは高血圧治療のための血管拡張剤として処方されていた医薬品。
ミノキシジルを頭皮への塗布したり、ミノキシジル錠剤を使用することで高い効果を期待できる半面、
副作用を発症するリスクがあります。

 

また、健康状態によっては服用を控えた方がよい場合もありますので、
注意事項をきちんと把握しておく必要があります。

 

ミノキシジルの主な副作用

もっとも多いミノキシジルタブレットによる副作用は、体毛が増えること。
腕毛や眉毛、まつ毛などが濃くなります。
これはかなりの確率で起こると思われます。

 

他に頭痛や全身の発汗、むくみなどの症状が現れることが報告されています。
その他、日中の眠気や頭痛、体重の増加、性欲減退などに加えて、
胸の痛み、動悸などといった心臓や血管に関係した副作用が起こる可能性がごく稀にあります。

 

ただ体毛を除いた副作用発症率はきわめて低く、9割以上の人は問題なく使用でき、
比較的安全な医薬品と言えるでしょう。

 

 

私も腕の毛や眉毛が濃くなりました。
でも発毛することに比較すれば、たいした問題でもないので満足しています。

 

 

高血圧症や低血圧の人は注意

ミノキシジルは、健康な人が用法・用量を守って使用する分には、さほど問題のない医薬品ですが、
健康状態によっては使用を控えた方がいい場合もあります。

 

例えば、高血圧症の治療を受けている人や低血圧の人。
高血圧症の人が処方されている薬とミノキシジル両方を飲むと血圧が下がり過ぎる恐れがあります。
また、低血圧の人も血圧が下がりすぎてしまう危険性があります。

 

高血圧・低血圧の人は、医師に相談することをおすすめします。
また、妊婦や母乳をあげている人は、使用を控えましょう。

 

もし重篤な副作用が生じた場合は、ただちに医師に相談しましょう。

 

 

ミノキシジルタブレットの服用方法

ミノキシジルタブレットには、5mgと10mgの錠剤があります。

 

通常、1日に1錠(5~10mg)を服用します。
服用するタイミングについて説明書には記載はありませんが、
ネット上では、「朝飲む人」「髪の毛は寝てる間に生長するとの理由で夜寝る前に飲む人」
「半分づつ朝晩飲む人」「胃への負担を考慮して食後に飲む人」「空腹時の方が効く」などさまざまで、
これといった決め手はないようです。

 

私の場合、胃に負担がかからないよう食後に飲んでいます。

 

また副作用が起こる可能性がありますので、始めは、は5mgをピルカッターなどで半分に割り、
1日に2.5mgずつ服用するとよいでしょう。
1週間程度、2.5mgずつを服用し、体に異常がなければ、5mgに増やして飲むとよいでしょう。

 

体に異常がなければ、徐々に用量を増やしていくこともできますが、
即効性を求めるあまり、どんどん量を増やしていくと、それだけ副作用のリスクが高くなります。
最大10mgまでに留めておきましょう。
長期的に服用するものなので無理な服用は控えましょう。

 

薬を飲みなれていない人は、忘れがちになりますので、毎日決めた時間に飲むのがよいでしょう。

 

 

10mgを服用する場合

朝か夜に10mgを1錠を飲んでもいいですし、
ピルカッターを用いて2分割し、朝と夜に5mgずつ飲むのもいいでしょう。