ポラリスの育毛効果検証

評判のポラリスシリーズで育毛!

ポラリスの育毛剤には、「NR-07」「NR-08」「NR-09」「NR-10」「NR-11」のシリーズがあります。

 

メインの成分はミノキシジルですが、製品によって補助成分が違います。
また用途や発毛効果・副作用も違います!

 

それぞれの製品の特徴と効果を検証してみましょう。

 

 

ポラリスNR-07の育毛効果 ミノキシジル5%

「ポラリスNR-07」のミノキシジル5%は「リアップX5」や「ロゲイン」と同じ。

 

違いは、ミノキシジル以外に育毛に有効な成分が含まれていることや価格。
例えば、アゼライク酸2%、そして注目の発毛成分りんごポリフェノール、Lリジンなどを配合。
Lipospheres技術の優れた浸透力で成分が頭皮深くに染みこむこと。
またリアップX5より格安であることなどが違います。

 

Liposphereテクノロジーとは、成分が肌への吸収をより効果的に行う技術のこと。
この技術で成分を毛穴の奥深くまで浸透させ、最大限の効果を引き出します。

 

ミノキシジル濃度5%なので初めて使う人やNR-08、09、10、11のような
強力すぎるミノキシジルに抵抗のある人に最適!

 

 

ポラリスNR-07の主要成分

ミノキシジル5%
アゼライク酸2%
りんごポリフェノール
リジン
アデノシン

 

ミノキシジル

発毛のための最強の成分と言われ、頭頂部の頭髪再生を補助します。

 

アゼライク酸

抜け毛の主要因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を抑えます。

 

りんごポリフェノール

生え際に特に効果的な成分。
特に上皮部分の頭皮の機能を活発にすることが分かっています。
また毛穴の汚れを落とし、酸素の吸収を助けるなど頭皮が正常に機能するよう補助します。

 

アデノシン

乳毛頭細胞に作用し、発毛促進因子の生成の補助します。

 

Lリジン

体内では生成できない必須アミノ酸。
薄毛を予防し育毛効果を促進する働きとミノキシジルの効果を増加させる働きがあると
言われてる育毛に重要な栄養素。

 

ポラリスNR-07[ミノキシジル5%]

 

 

ポラリスNR-08の育毛効果 ミノキシジル7%

ポラリスNR-08のミノキシジルは7%!さらにアップルポリフェノールは5%!
またLリジンやアゼライク酸5%など抜け毛防止に最大限の効果を引き出す成分含有。
それぞれの成分はNR-07より多いのでより強力な育毛ができそう!

 

ポラリスNR-08は、頭頂部だけでなく、生え際にも効果のあるとされる育毛剤
高い効果と割安な理由でリアップから切り替える人が多い製品。

 

 

頭皮の血行が悪いと髪の毛への栄養補給がスムーズに行われず、髪の毛が成長しにくくなります。
ポラリスNR-08に含有されるミノキシジルは、血管を拡張させる効果で頭皮の血行を促進します。
また毛母細胞を活性化し、発毛が促されることになるのです。

 

また、抗アンドロゲン薬『アゼライク酸』を配合。
アゼライク酸には、脱毛の最大リスクであるジヒドロテストステロンの生成を抑える効果があり、
フィナステリドと同様の働きがあります。
ミノキシジルと併用することで効率的にAGAの進行を食い止めることができます。

 

さらにLipospheres技術がより有効成分を頭皮に浸透させます。

 

 

ポラリスNR-08の主要成分

ミノキシジル7%
アゼライク酸5%
りんごポリフェノール5%
銅ペプチド
Lリジン
アデノシン

 

銅ペプチド

銅ペプチドは、男性型脱毛症の原因となる5αリダクターゼの働きを抑制。
また頭髪の休止期を短縮し、成長期の毛包の増加、毛母細胞のサイズを大きくする働きがあります。
生え際や頭頂部の薄毛に効果を発揮します。

 

アデノシン

乳毛頭細胞に直接作用し、発毛促進因子のうぶ毛の生成の補助します。
また発毛をコントロールする毛乳頭に直接作用、発毛力を向上させます。

 

ポラリスNR-08[ミノキシジル7%]

 

 

ポラリスNR-09の育毛効果 ミノキシジル15%

ポラリスNR-09のミノキシジルは15%と強力!
ポラリスNR-08の上位版で、ミノキシジルの他にアップルポリフェノール、ポソーム・カプセル、
銅ペプチド、アデノシンなどを贅沢に配合しています。

 

発毛効果はNR-08より上で、他の抜け毛治療では効果の出なかった人にも作用することもあります。
ポラリスNR-08では産毛程度の効果だったのが、NR-09では、産毛が太く・長くなることも
NR-07やNR-08を使っていて、さらに発毛を促進させたい人におススメ!

 

さらに胞膜脂質層へ浸透させる画期的なシステムLipospheres技術で
皮膚の深層にまで浸透させます。

 

ミノキシジル15%と濃度が高いので副作用が心配でしょうが、比較的少なく、あるとすれば痒み。
まれにかぶれ。
ただ、かゆみは起こっても最初のうちで、1ヶ月ほどでかゆみはなくなる人が大半。

 

 

ポラリスNR-09の主要成分

ミノキシジル15%
りんごポリフェノール
銅ペプチド
アデノシン

 

ポラリスNR-09[ミノキシジル15%]

 

 

ポラリスNR-10の育毛効果 ミノキシジル16%

ポラリスシリーズの中では、ミノキシジルが16%と最も高いクリームタイプの育毛剤
発毛と脱毛予防の分野で最大に評価されている「ミノキシジル」と「フィナステリド」の両方とも含んだ商品。

 

ミノキシジル・フィナステリドのほか、選りすぐられた補助成分を配合。
すでに進行してしまったハゲに対しても効果が期待できます。

 

 

クリームタイプなので、頭皮にも塗布しやすくなっています。
また、「かゆみなどの副作用が少ない」「臭いが少ない」「髪の毛がガサガサにならない」
「クリーム状で液ダレがない」など使いやすさがあります。
特に副作用が少なくなっているのが大きなポイント。

 

他のポラリスシリーズで臭い・かゆみ・バリバリ髪が気になる人や
どんな育毛剤を使っても薄毛が改善しな人には、おススメ!

 

 

ポラリスNR-10の主要成分

ミノキシジル
フィナステリド
プロシアニジンB2
銅ペプチド
アラントイン
血管内皮成長因子
コラーゲン
エラスチン

 

 

コラーゲン・エラスチン

頭皮や毛包の弾力性を高め、頭皮が髪をしっかりとつなぎとめておく役割を果たします。

 

プロシアニジンB2

休止期中の毛根に作動します。
抜け毛の原因となるプロテインキナーゼアイソザイムという酵素を抑える働きをします。

 

血管内皮成長因子(VEGF)
血管を枝分かれさせ新しく血管を形成することに関与する一群の糖タンパク。

 

アラントイン

傷を治癒する組織修復、細胞増殖の効果がある成分。
細胞増殖作用や炎症を抑える作用があり、傷、やけどなどの皮膚疾患にも使われています。

 

ポラリスNR-10[ミノキシジル16%]

 

 

ポラリスNR-11の育毛効果 ミノキシジル12%

ポラリスシリーズの中では、ミノキシジルが12%とNR-08とNR-09の中間。
発毛と脱毛予防の分野で評価が高い「ミノキシジル」と「フィナステリド」の両方を含んだ商品。

 

さらにアルファトラジオールは、5αリダクターゼを阻害し、抜け毛を予防します。
フィナステリド単独の使用以上に育毛作用が増幅されます。

 

またポラリスNR-11は、べたつきが少なく、痒みや赤みを引き起こすリスクが低いのが特徴。

 

リアップやロゲイン、他のポラリスで痒みが出やすい人や
臭い・かゆみ・バリバリ髪が気になる人には、おススメ!

 

 

ポラリスNR-11の主要成分

ミノキシジル
フィナステリド
アルフォトラジオール
脱イオン水
プロピレングリコール
エタノール
グリセリン
乳酸
パントテニルエチルエーテル
イノシトール
リン脂質
アセチルメチオニン
ポリソルベート80
ミリストイルペンタペプチド-17
クエン酸

 

アルフォトラジオール

5αリダクターゼを阻害し、テストステロンから毛根を傷めるDHTへの変換を阻止する働きがあります。

 

ポラリスNR-11[ミノキシジル12%]