感光素の育毛効果

感光素

免疫力を高める作用がある感光色素の一種。
匂いはなく、特異な味がある。
感光素には101号、201号、301号、401号などがあり、それぞれ特徴が違う。

 

101号は、皮膚の保護など美肌作りのために使われる。
また火傷(やけど)などの外科的治癒にも利用される。
クリーム、乳液、化粧水、天瓜粉、石けんなどの無刺激抗菌剤に含まれている。
「プラトニン」とも呼ぶ。

 

201号は、抗菌・殺菌・抗酸化作用があり、美白作りに使用される。
医薬部外品の抗ニキビ剤などの成分として利用される。
「ピオニン」とも呼ぶ。

 

301号は、傷の治癒や発毛促進の作用があるので、
発毛促進、養毛、毛髪のつや出しのためにヘアトニックなどに配合されている。
毛根にある毛乳頭を刺激し、「毛母細胞の活性化」「毛周期の正常化」
「脱毛抑制」「毛再生促進」「フケ防止」などの作用がある。
「タカナール」とも呼ぶ。

 

401号は、「抗酸化」「角化異常改善」「コラーゲン産生促進」「皮膚機能亢進」「抗菌」などの作用がある。
ニキビ・シミ・ソバカス・肌あれ・小じわ・たるみなどを予防する目的で化粧品などに配合されている。
「ルミカーナ」とも呼ぶ。

 

 

育毛剤には、「林原養毛剤301」「アップアンドアップS育毛剤」「メディルック」
「超強力加美乃素A」「薬用トレトマンE」などに含まれる。