酢酸トコフェロールの育毛効果

酢酸トコフェロール

合成して作られたビタミンEのこと。

 

黄褐色の粘りけのある液体で水にはほとんど溶けず、
アルコールやオイルによく溶ける性質がある。

 

ビタミンEは、紫外線などで引き起こされる酸化を防ぐ作用がある。
酸化を予防できれば、アンチエイジングとなる。

 

 

酢酸トコフェロールは、肌の活性化、抹消血管拡張、血行促進などの作用があり、
肌あれ・しみ・そばかす・にきび・ふけ・脱毛などの改善効果が期待できる。

 

 

スキンローションやベビーローション、ハンドクリーム、薬用化粧品、
デオドラント、口紅、ヘアトニック、育毛剤などに配合。
また、しもやけ・あかぎれなどの治療用外用剤にも配合されている。

 

育毛に関しては、抗酸化作用や抗炎症作用があり、清潔な頭皮に改善、髪が生えやすい環境を整える。
また血流を促進するので髪に栄養を届けやすくなる。

 

育毛剤にはカロヤンS、薬用毛髪力 イノベート、コラージュリッチ、サクセス 
薬用育毛トニック、リアッププラスなどに配合されている。