ニコチン酸アミドの育毛効果

ニコチン酸アミド

ニコチン酸アミドは、ビタミンB群のひとつで水溶性ビタミン。
ナイアシンの別名。

 

たんぱく質や糖質の代謝をコントロールしたり、
脳細胞の働きや性ホルモンの合成などにも関与している。
また毛細血管を拡張させたり、善玉コレステロールを増加させる作用がある。

 

ニコチン酸アミドが欠乏すると皮膚疾患、胃腸障害、ホルモン合成の低下などが起こり、
体に不調をきたす。

 

育毛に関する作用としては、血行を促進させ、毛母細胞を活性化、抜けにくいコシのある髪を育てる。

 

ニコチン酸アミドを使う育毛剤には、「不老林」「サクセス薬用毛髪活性」、「サクセス 薬用育毛トニック」などがある。