フィナステリドの育毛効果

フィナステリド

フィナステリドは男性ホルモンを抑制する抗アンドロゲン薬の一種。
飲む育毛剤として男性型脱毛症(AGA)の治療薬であるプロペシアやフィンペシアなどに含まれる主成分。
ミノキシジルと並んで最も注目されている育毛成分。

 

 

米メルク社が開発。
もともと前立腺肥大症の治療薬として製造された薬だが、その副作用として発毛が見られ、
後の研究でAGA治療に効果があることが判明し、
アメリカ食品医薬品局によってAGA治療薬として正式に認定を受ける。
米メルク社は、このフィナステリドを主成分とするAGA治療薬「プロペシア」を商品化。
現在、日本を含む世界60ヶ国以上で承認、使用されている。

 

国内の臨床試験では、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年では78%の人が薄毛を改善したとされる。
また頭頂部だけでなく、生え際にも有効で従来の育毛剤より抜きん出ている。

 

日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」では、
男性型脱毛症に関して治療法や育毛成分などを科学的に検証、
「ミノキシジル」と「フィナステリド」は育毛効果がA評価と強く推薦している。

 

リアップやロゲインなどミノキシジル系の育毛剤と一緒に使うことで、
さらに効果が高くなることが臨床試験で証明されている。

 

男性型脱毛症の特徴

男性型脱毛症は、男性ホルモンに関連した疾患で
その働きを抑制することで進行を抑えられる。
男性型脱毛症(AGA)の原因のひとつである男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を
抑制する働きがある。

 

 

プロペシアのジェネリック医薬品

フィナステリドを含有する育毛剤にはプロペシア以外に
フィンペシア、エフペシア、プロスカー、フィンカーなどがあり、
ジェネリック医薬品なので成分は同じで格安なのが特徴。

 

プロペシアはAGAに対応している病院から入手することができる。
ただ高額なので個人輸入する人も多い。
個人輸入代行を利用すれば、手間もかからず、格安で入手可。
フィンペシアなどのジェネリックは個人輸入代行を利用すれば、かなり安く入手できる。