β-グリチルレチン酸の育毛効果

β-グリチルレチン酸

甘草の根に含まれるグリチルリチンの誘導体。
誘導体とは、物質の部分的な構造変化によってできる化合物。

 

グリチルレチン酸は、抗炎症作用があり、外用剤、スキンケア製品、化粧品などに広く利用されている。
育毛的には頭皮の炎症を守り、脱毛を予防する。

 

 

β-グリチルレチン酸を使った育毛剤には「黒誕彩」などがある。