ミノキシジルの育毛効果

ミノキシジル

ミノキシジルは、アメリカの製薬会社アップジョン社(現ファイザー)によって開発され、
世界で初めて認可された脱毛症の治療薬。

 

もともとは血管を拡張し、血圧を下げる薬として1970年代からアメリカでよく使われていた薬のひとつ。
その治療の副作用として多毛症になる人が多かったことから研究が進み、
脱毛症に効果があることが判明。

 

現在では、アメリカをはじめ世界中の多くの国で販売されている育毛剤にミノキシジルが配合されている。
リキッドタイプと錠剤タイプがある。

 

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは毛母細胞分裂を活性化、髪成長を早める。
また血管を拡張作用があり、頭皮の血行を促進する。

 

国内で代表的なミノキシジル育毛剤のリアップは様々な脱毛症に対して7割程度の人に
何らかの育毛、発毛、脱毛抑制する効果が認められている。

 

 

ミノキシジルとフィナステリドの併用

ミノキシジルを効果的に活用するためにフィナステリド含有のプロペシアやフィンペシアなどの
錠剤タイプの育毛剤との併用が勧められている。
併用処方は一般的に最も期待できるといわれ、発毛治療を専門に扱う病院でも、
ミノキシジルの塗布とフィナステリドの処方を行なっている。

 

フィナステリドは、脱毛を引き起こす成分を体内で阻害する効果がある脱毛防止剤。
脱毛を防止しただけでは期待以上の効果は見えないので、
ミノキシジルを併用することで、発毛因子を刺激して発毛を促進する。

 

発毛治療専門の病院だけでなくネットでも購入可。
ネットなら手間もかからず、格安で入手できる。

 

主なミノキシジル製品

リキッドタイプ:「リアップ」「ロゲイン」「リゲイン」「ヘッドウェイ」「カークランド」「ポラリス」など
錠剤タイプ:「ロテニン」、「ミノキシジルタブレット」、「ロニタブ」、「ノキシジル」など