ドライヤ+抜け毛体験口コミ&体験

口コミ・体験で分かるドライヤ&抜け毛の真実!

洗髪後、ドライヤーを使う?使わない?
ドライヤーは抜け毛にどう影響を与えるのでしょうか?
間違ったドライヤーの使い方は髪を傷めます!
実際の本音の口コミを紹介。

 

 

ドライヤーと抜け毛 口コミ・体験

ドライヤーを使っていなかったら
以前は入浴後、ドライヤーを使うのが面倒くさかったので、
タオルで拭くだけで寝ていました。

 

髪がよく抜け落ちるることが気になって美容院の人に聞いてみたところ、
生乾きのままで寝ることは良くないらしい。
生乾きの髪がシーツなどで擦れてしまい抜け毛の原因になるとのこと。

 

そこでお風呂から上がったら、ドライヤーでしっかり乾かすことを実践。
ドライヤーを近づけ過ぎると熱が髪にダメージを与えるので
頭から20cmほど離して行います。
きちんと髪を乾かしてから寝るようになったら、抜け毛が確実に減りました。

ドライヤーで乾燥させ過ぎた
髪の毛が傷んで抜け毛が増えていました。
私の場合、髪を早く乾かそうとドライヤーの熱風を頭皮に近づけすぎ、
しかも乾かし過ぎの状態になっていました。

 

ドライヤーの近づけ過ぎや乾かし過ぎは髪にダメージを与える原因になります。
乾燥させすぎると髪の毛が傷み、頭皮がカサカサになってしまうのです。

 

 

今はドライヤーの扱いに十分に注意してます。

 

・まず、洗髪後、タオルで髪の毛の水分をしっかり取る。
タオルはゴシゴシと拭くのは避ける。

 

・ドライヤーの使い方は、温度は低めに髪の毛との距離は20センチほど。
・広い範囲でドライヤーを当てる。
・髪の毛だけでなく、頭皮にも風を当てて根元も乾かす。
・ドライヤーを使う時間は、なるべく短時間で。
・乾燥させすぎず、湿り気が残っている程度であとは自然乾燥に任せる。

 

 

これで頭皮も髪の毛も健康に清潔に保つことができます。
実践していたら髪の傷みが改善しました。